実家がもともと一世帯で住む住居だったものを、同居のため二世帯で生活する増築リフォームを実施しました。

始めは私達の居住スペースに風呂、トイレ、キッチン、洗面など水回り全てを取り付ける予定でしたが、将来の家族構成や常駐するスペースなど考えた時に痛みやすい水回りを増やすべきなのか?という部分で大分悩みました。

リフォーム自体を友人の大工さんにお願いしていたため、悩んでいる部分を建築のプロということで相談しました。子供が大きくなった時に個人の部屋などスペース必要になるため、水回りでも頻繁に使わない風呂は無くても良いのではないか?とアドバイスしてもらい、トイレの増設とキッチンと洗面は一部屋にまとめて増設できるようにしてもらいました。

また、キッチンと洗面の部屋はもともとお嫁に行った姉の部屋だったのですが、押入れを潰したり、洋服クローゼットを食器棚に作り変えてもらって快適になりました。

今は二世帯ですが、親に介護が必要になったり、子供が独立したりする事まで考えてリフォームを考えたほうがいいと思います。

PR|オーディオ|サプリメント|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|初値予想|サプリメント|ショッピングカート|JALカード|童話|アフィリエイト相互リンク|心の童話|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|内職 アルバイト